Glide Enterprise

NEWS & TOPICS

#INFOMATION

2020.07.28

~少しでも平穏な日常を感じられることを願って~ 令和2年7月豪雨の避難所に約1万袋のフェイスマスクを提供。

フェイスマスクで「#避難生活に快適を」

ルルルンは避難所の衛生管理向上を目指すプロジェクトに賛同します

この度の令和2年7月豪雨災害により、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災されました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

株式会社グライド・エンタープライズ(代表取締役:山口 道元 担当:石川隆二  / 本社:東京都渋谷区)の保有する、シリーズ売上累計枚数12億枚(*1)、フェイスマスクブランドNo.1(*2)『ルルルン』は、WOTA株式会社(代表取締役:前田 瑶介 / 本社:東京都文京区)が発足した、令和2年7月豪雨で開設された避難所の衛生管理向上を目指すプロジェクト『#避難所の衛生を守れ』に賛同。避難所での生活を余儀なくされる方へ、約1万袋のフェイスマスクを提供いたします。

現在、令和2年7月豪雨により全国で2,200名以上の方が避難所に避難(2020年7月18日 12:00時点 内閣府 非常災害対策本部発表) 。被害状況や通常生活を送れないことへの懸念に加え、新型コロナウイルスの感染リスクも孕んでおり、非常に不安要因の多い避難所生活を強いられています。

=ルルルンの想い=

スペシャルケアであるフェイスマスクを日常ケアにしようとこれまで商品展開をしてきたルルルンは、 “誰でもきれいになれる日常”を提供したいという想いがあります。ルルルンは、豪雨災害により避難所生活を余儀なくされている方々に、 少しでもキレイになることで前向きな気分になってほしいと考えていました。

WOTA株式会社様の避難所で日常通りの快適な避難生活を送れるためのプロジェクト「#避難生活に快適を」は、ルルルンの想いと一致すると考え賛同、約1万袋のフェイスマスクを提供するに至りました。

フェイスマスクをつける10分間だけでも、健やかな時間を過ごしていただけることを願っています。

 

プロジェクト概要

「#避難所の衛生を守れ」

水循環を用いた次世代の分散型水インフラの研究開発・事業展開を手がけるWOTA株式会社が発足した、令和2年7月豪雨で開設された避難所の衛生管理向上を目指すプロジェクト。避難所の衛生を守ること、さらには避難所での快適な生活を提供することを目的としています。

 

#避難生活に快適を」

避難所生活を強いられている多くの方々は、清潔な服を身に着けたり、家族との団欒の時間を設けるといった、当たり前の「快適」を避難所で得るのは難しく、最低限度の生活を余儀なくされています。

本プロジェクトでは、WOTAを筆頭に「#避難生活に快適を」のメッセージ実現に向けて、避難所で日常通りの快適な避難生活を送れるよう被災地支援を行ってまいります。

 

「ルルルン」

フェイスマスクブランドNo.1(*2)の『ルルルン』は、たっぷり化粧水のフェイスマスクで、肌(*3)にじっくり浸透(*4)させる新スタイルを提案しております。2020年4月にはシリーズ累計12億枚(*1)突破をいたしました。
化粧水は「塗る」より「貼る」というスキンケアの常識を変える、新しいスキンケアラインナップで、あなたの毎日を特別なものに。 “毎日が特別“という考えのもと、使う方の「ごきげんをつくる」商品を発信するため、日々研究に取り組んでいます。お手入れのたびにお肌がうるおい、毎日嬉しい気持ちになれる、そんな存在であり続けたいと思っています。

(*1)    2011年7月 ~2020年4月の累計販売枚数
(*2)    インテージSLIパック市場 2019年1月~12月 金額シェア
「ルルルンプレシャス」はブランド売上No.1、「ルルルン」はブランド売上No.2となります
(*3) 角質層のこと
(*4) 角質層まで

GO BACK
GO BACK TO TOP

金井 祐一(かない ゆういち)

 

経歴
昭和34年 警視庁入庁
・警察庁(丸の内、愛宕、中央、赤坂、目白各署)、機動隊(1機、5機)
第一方面本部、警衛課、警護課、企画課、警視庁装備課、機動隊副隊長(3機)、田無署副署長、警護課理事官
・第4機動隊長、東京空港、中央各警察署長 歴任
・約20年間をSP(警護)に勤務し、歴代総理大臣等国内要人、米国大統領、英国皇室など外国要人身辺警護
・第1、2回サミット、大葬の礼などの行事において各国要人の警護計画、及び現場指揮
・米、英、独、仏、ソ連、中国など25ヵ国へ先遣要員として派遣各国との警護調整
・警察功績賞、精励賞、総監賞多数受賞、平成25年 叙勲 瑞宝双光章を受賞

笹川 堯(ささがわ たかし)

 

経歴
・衆議院議員(7期)
・国務大臣(総合科学技術会議担当)
・科学技術政策担当大臣
・自由民主党総務会長(第47代)
・衆議院議院運営委員長(第68代)
などを歴任

糸川 正晃(いとかわ まさあき)

経歴
・衆議院議員(2期)
・国民新党国会対策委員長
・民主党副幹事長
・民主党福井県連代表
・厚生労働大臣政務官
・公益財団法人 全日本空手道連盟 理事